トンイ

トンイ

大君(テグン)と君(クン)の違いとは

大君(テグン)と君(クン)の違いとは 韓国時代劇を見ていると「大君(テグン)」と呼ばれる王子と「君(クン)」と呼ばれる王子が出ますね。 この大君(テグン)と君(クン)の違いとはいったい何なのかをこのページで解説します。 ...
トンイ

トンイと出会った頃のシムウンテクは元々何をしている人だったの?

シムウンテクは元々何をしている人? 義州でトンイと出会った頃のシムウンテクは元々何をしている人だったのでしょうか? 初めの話では「流刑者」ということで紹介されています。 元々両班だったシムウンテクは登場する前の話で何がし...
トンイ

トンイでケドラ役のヨ・ヒョンスは引退していた

トンイと姉弟同然に育ったケドラ ケドラは子供の頃からトンイと姉弟のように育った幼なじみでした。 泣き虫なケドラにとってトンイはお姉さん的な存在でした。 そんなケドラたちを辛い悲劇が襲います。 ケドラの父親はトンイの...
トンイ

トンイの両親のことは史実でも名前以外は不明

トンイは幼い頃、両親を二人とも亡くした トンイは幼くして両親を二人とも亡くしています。 トンイの父親である崔孝元(チェ・ヒョウォン)は捕盗庁の下級役人であり、弱い賤民を守る秘密結社である剣契の頭領でもありました。 ですが...
トンイ

トンイの兄ドンジュ役のチョン・ソンウン

掌楽院の楽師だったトンイの兄・ドンジュ トンイの兄であるチェ・ドンジュは、掌楽院の楽師です。 心優しいドンジュは父であるチェ・ヒョウォンが頭領を務める剣契の一員でもあり、弱い賤民を助けるために剣契の活動を行っていました。 ...
トンイ

トンイの王様が名乗った判官(パンガン)とは「お役人」みたいな意味

判官(パンガン)はお役人だった 判官というのは、行政・治安・土木を担当する役所で仕事をするお役人の一人です。 現在でいうところの公務員といったところでしょう。 判官という役職の階級は高くはなく「従五品」です。 その...
トンイ

トンイに敵対していた女官ウングムは同期だった

トンイに敵意むき出し!監察府の女官・ウングム ウングムは監察府の女官で、トンイに対して敵意を強くもつ嫉妬心が強い女性です。 実はトンイとウングムは監察府の試験を同じ日に受け、採用された同期です。 ですが、ウングムは両班で...
トンイ

トンイの後歴史を語るドラマとなるヘチはヨニングンが主人公

トンイの後歴史を語るドラマとなるヘチ ヘチはトンイが亡くなった後、父である第19代王・粛宗がまだ生きている晩年の時代から始まります。 父である粛宗や、禧嬪の息子であり第20代王となった景宗という時代を経て、延礽君が正義のために...
トンイ

トンイのホヤン役はNANTAにも出演したパフォーマー

実力もないのに掌楽院の副署長になったオ・ホヤン オ・ホヤンは掌楽院での実力も知識もないまま掌楽院の副署長になりました。 それはオ・ホヤンの力ではなく、父親であるオ・テプンのおかげです。 オ・テプンは掌楽院の署長です。 ...
トンイ

トンイのラストシーンは王でも側室でもない人間としての愛に感動

一人歩くトンイに粛宗が歩み寄るところからラストシーンは始まる ラストシーンではトンイが一人で芝生を歩いていたところに名前を呼ばれ、振り返った先には粛宗がいて二人が歩み寄っていきます。 二人は見つめ合いながら抱き合い、仲睦まじく...
タイトルとURLをコピーしました