【ノクドゥ伝あらすじ】第15話

王宮へ攻め入るノクドゥ

ドンジュは、王宮へ向かうというノクドゥに「あなたが何者でもいいから、復讐なんて忘れて傍にいたい。」と不安を吐露します。

そんなドンジュにノクドゥは「もちろんだ。」と抱きしめ出立しました。

ノクドゥは王宮へ到着すると、すでに王宮を制圧したユルムに近づき突然刃を抜きました。

ノクドゥの裏切りに、ユルムは大きく目を見開きます。

「逆賊を征伐に来た!寝返る者がいれば申し出よ!」

ノクドゥの声で門から王の兵とファン将軍らが攻め込んできました・・・!!

息子である証

ユルムは兵曹判書まで裏切ってノクドゥと共にいるのを見ると、ノクドゥが王位を狙う下心があるに違いないと言います。

しかし、そこにユンジョを伴って中殿が現れました。

「その者は20年前死んだと思っていた私の息子です。王は事故に会われ崩御された。王の息子が王位を継ぐのに謀反など起こすはずがない!」と言い放ちました。

これに育ての親ユンジョが証人となり、中殿と半身に分けたノリゲを持っていることから、ノクドゥが王の嫡子であることが証明されました。

激しい戦い それぞれの再会

しかし怯むことなくユルムは攻撃を命じました。
その最中、安全な場所へ中殿を移し、つかの間の親子の再会を果たすノクドゥ。

一方ファンテもユンジョと再会します。

ユルムについていくというファンテに、再考するよう促すユンジョ。

ファンテをかばってユンジョは重傷を負ってしまいました。

ファンテは負傷したユンジョに持ちこたえるように頼み、ノクドゥのおとりに過ぎない自分の立場を思い苦悩しつつもユルムの部下ダノの元へ戻ります。

ユルムの弓がノクドゥを捉えた時、止めに入ったのはドンジュでした。

ユルムはドンジュへの想いとノクドゥへの激しい嫉妬がこみ上げます。

謀反をやめるべきというドンジュに、「私はやめない。王となってお前を娶るのだ。ノクドゥはお前の仇の息子だ。二人の未来はない。」と言い、ドンジュを閉じ込めました。

しかしドンジュはユルムの部下の隙をつき脱出に成功しました。

ノクドゥの危機に直面したファンテは、とっさに隠し持っていた短剣でユルムの腕を刺しノクドゥを助けました。

激しい戦闘が続く中、スクもノクドゥに加勢しに来ました。

そしてユルムの腹心の部下ダノを倒します。

これにはユルムも大変なダメージを受け、ダノを抱きかかえ大粒の涙を流すのでした。

王の生還

よもやユルムの謀反は成功しないだろうと思われた矢先、突如王が生還しました。

「王の息子だと名乗る見知らぬ男が謀反を企てている」という大妃の虚言により、ノクドゥに刃を突きつける光海君。

ユルムは、ノクドゥの謀反を止められなかったと光海君に謝罪をします。

ノクドゥの謀反を疑わない光海君に、ノクドゥはやけになったように逆心を抱いたのは事実です!」と言ってしまいます。

「この者を捕らえよ!」王の命令に、ファンテ、ドンジュと共に逃げ出すノクドゥ・・・!!

感想

最終話目前なのに苦しい展開が続きました。

ユルムはダノを失いノクドゥが優勢かに見えましたが、一転光海君が生還してしまったことにより窮地に陥りました。

完全に逆賊となったノクドゥ、これからどう切り抜けていくのか見逃せません。

次の話↓

ノクドゥ伝はBSフジ放送版は全20話、VODによっては全32話のもありますが、当サイトでは全16話版であらすじを書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました