トンイあらすじ第54話

トンイあらすじ50話~最終話
画像引用:https://www.bs-tvtokyo.co.jp/toni/lineup/story37.html

トンイは刺客に切られるが一命をとりとめる

怪しい者に気付きトンイの元へ駆けつけるチョンス。

しかし、すでにヨニングンの代わりにトンイが刺客によって斬られ重傷を負った後でした。

だが、御医の治療によりトンイは一命を取り留めます。

行方不明だった世子は書庫にいたとわかり皆は胸を撫で下ろしました。

オクチョンとヒジェが捕らえられる

トンイとヨニングンを狙った刺客はヒジェ(オクチョン兄)の部下でした。

ヒジェが就善堂に駆け込みオクチョンを逃がそうとしますが、オクチョンは自分の代わりに兄上だけでも生き残って世子を守って欲しいと告げます。

やがてヒジェは捕らえられ、オクチョンは就善堂に幽閉されました。

画像引用:https://www.bs-tvtokyo.co.jp/toni/lineup/story37.html

悪女のオクチョンに最後の審判

大殿では呪いの証拠である人形と木札を手にした粛宗がわなわなと震えており、シム・ウンテクがオクチョン一家の悪事を報告しています。

尋問が始まるとヒジェは全て自分がしたことでオクチョンは何も知らなかったと自白し、ユン氏(オクチョン母)も口を割りません。

そこで粛宗はオクチョンの取り調べを命令します。

無残な姿の母と兄を見た上に屈辱的な扱いをされたオクチョンは全て自分の差し金だと自白してしまいました。

全ての事件がオクチョンの仕業だと知った粛宗はショックを隠せません。

粛宗としては世子のためにオクチョンの命を助けてやりたいと思います。

だが自分の罪が公になった以上、死ぬより生き残る方が苦痛だと思い自ら命を絶つよう最後の気遣いの言葉をオクチョンにかけます。

しかし、オクチョンはその命令を拒んで賜薬(毒殺)を望むのでした。

結果、ヒジェやユン氏は極刑、オクチョンは地位剥奪のうえ賜薬が下されることになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました