花郎のキャスト【ソヌ役パク・ソジュン】

年下男子役で一躍有名になった注目度No.1のパク・ソジュン

2014年「魔女の恋愛」でヒロインに一途に思いを寄せる年下男子のドンハを演じて一躍注目を浴びたパク・ソジュンです。

本名はパク・ヨンギュ、1988年12月16日生まれです。

デビュー作は2011年のパン・ヨングクのミュージックビデオ「I Remenber」でした。

「魔女の恋愛」以降、主演するラブコメディドラマがヒットし続けて、ついには「ラブコメの神」と呼ばれるまでになり、その親しみやすさから「国民の男友達(ナムサチン)」と呼ばれています。

また、映画やドラマの枠だけに留まらず、バラエティ番組や審査員もこなすほど多彩な才能を見せつけるパク・ソジュンです。

彼こそがまさに花のような男のエリート集団である花郎の主人公にふさわしい俳優ではないでしょうか。

親友の命を奪った復讐を目的に生きるムミョンを演じるのパク・ソジュン

驚異の身体能力を持つことから「犬鳥」というあだ名を持ち、唯一の親友であるマンムンの命を奪った復讐を目的として生きる運命を背負った花郎の主人公であるムミョンを、注目度No.1俳優のパク・ソジュンが演じます。

幼い頃、母親に捨てられて、名前も与えてもらえず無名という意味のムミョンと呼ばれ、賤民の村で養父であるウルクにマンムンとともに育てられました。

生き延びるために親友の名前だったソヌと名乗り始めたムミョン

ムミョンは生き延びるため、親友のマンムンの本名である「ソヌ」という名前を名乗ることになります。

マンムンは自分の家族を捜すためムミョンと都に潜り込んだのですが、真興王の彡麦宗の顔を見てしまったがために禁衛将に追われて、命を落としてしまいます。

ムミョンも同時に瀕死の重傷を負ってしまいますが、マンムンとアロの実の父親であり、医者でもあるアンジに助けられ、一命を取り留めました。

そして、復讐を誓ったムミョンはアンジから生き延びるようにと、マンムンの本名でもあった「ソヌ」と名乗るように告げるのです。

ソヌになることで、アロの兄としても生きることになったムミョンです。

ソヌの妹であるアロに恋心を抱き始めてしまうムミョン

ムミョンはアロを妹としてではなく、一人の女性として恋心を抱くようになっていきます。

もともとは家族ではない赤の他人同士の二人ですが、兄のソヌを名乗っている以上アロは妹ということには変わりありません。

ですが、アロとの時間を重ねていくうちにアロのことが気になってしまうムミョンです。

そして、アロのことが気になっているジディとの三角関係も見逃せないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました