【チャングムの誓い】キャスト・ヨリ役のイ・セウン

ヨリを演じたのはイ・セウン

イ・セウンは1980年生まれで、1999年MBC公開採用タレントとしてデビューしました。

2003年「チャングムの誓い」ヨリ役では、チャングムの機先を制するように演じなさい言われたものの、うまくやることができずNGを11回も出したのだとか。

そこで、包丁を持って練習してみたら、という先輩のアドバイスを受け、毎日包丁を持って練習をしたのだそうです!

冷徹なヨリの演技は、そんな努力によって生まれた迫真の演技だったのですね!

チャングムを追い詰めていく役どころのヨリですが、イ・セウン自身は中学生のころからチャングム役のイ・ヨンエの大ファンだったとか。

撮影後も「いつも見てるわよ。」とイ・ヨンエから度々声をかけてもらい、ヨリ役に出会えたことを感謝しているそうです。

私生活では2015年に証券会社のオーナーの息子さんと結婚、2016年に第一子、2021年12月に第二子を出産予定です。

結婚出産で、女優の仕事は休み休みですが続けています。

また出産後にイ・セウンの活躍が見られるかもしれませんね。

「チャングムの誓い」医女ヨリが敵になったワケ

ヨリは、チャングムが医女になってからのライバルであり、チェ一族と共にチャングムを陥れた悪役です。

しかしヨリも最初からチャングムを敵対視していたわけではありません。

ヨリはもともと医術の才能もあり、内医院のエース医女でした。

しかし流産後の王后の診断で、チャングムはヨリの診断に疑問を持つようになりました。

チャングムが脈診をすると、かすかに妊娠中の兆候を示す散脈をとらえたというのです。

まだお腹に胎児がいるのではないかと推察するチャングム。

果たしてチャングムの治療方針に変えると、王后はもう一人の胎児を死産し、一命を取りとめたのでした。

自分の誤診が招いた事態だった、と恵民署への異動を願い出るヨリに、一同は感嘆しますが、チャングムと二人になるとヨリの態度は豹変。

「よくも恥をかかせてくれたわね。」とののしり、以後チャングムに辛く当たるようになりました。

その後もチャングムに出し抜かれる事態が続き、チェ一族がチャングムを標的にしていることを知ると、密かに協力を申し出るのでした。

「チャングムの誓い」ヨリの悪事の数々

しかしそれを知ってもその後のヨリの行動は許されない悪事の連続です。

周りには善人として振る舞い、逆にチャングムが傲慢な態度を取っているかのように見せるところが本当に陰険です。

罪悪感を持たずにしゃあしゃあと人を騙し、後ろ暗い仕事も平気でやります。

そのために犠牲になる人に心を痛めることはありません。

ヨンセンを流産するように仕向け、疫病騒ぎの時(実際は野菜が傷んでいたからでしたが)にチャングムを陥れ窮地に立たせたこともありました。

さらにヨリはチェ一族に忠誠を誓いながら、その一方でクミョンの調味料入れにわらい茸を密かに入れ、クミョンを投獄させています。

実はヨリは幼いころパク・ヨンシン元女官長に助けられた過去があり、その恩義のために動いていたのです。

チェ一族に失墜させられたパク・ヨンシンの為に2重スパイとして悪事を重ねるヨリ。

チェ一族の滅亡と同時に罪を問われ免職になりましたが、その冷徹さはこのドラマでも群を抜いていたと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました