イ・サン最愛の人ソンヨンの死に際は

スポンサーリンク

王子を失った悲しみの中でソンヨンを襲った病

イ・サンとソンヨンの第一子だったヒャン王子が麻疹にかかり、5歳で亡くなってしまいました。

この時、ソンヨンのお腹には新しい命とともに、ソンヨンを死に追いやった肝臓癌という病が彼女の体を蝕み始めていたのです。

ソンヨンは自分の体の異変に気付いているかのように、王宮の医官による脈診を拒み、テスに頼んで内緒で町医者の元で連れて行ってもらい、自分の病気を確信するのでした。

スポンサーリンク

ソンヨンは王宮を出て一人で産むことを決意した

病に冒されたソンヨンは子供を出産するために一人で王宮を出ることを決意します。

これは自分の病のことをイ・サンや王宮の人間に知られたくないという思いです。

自分の病気を治すための薬を飲めば、授かったお腹の赤ちゃんに影響を及ぼしてしまうかもしれないとソンヨンは考えたのです。

そしてソンヨンは一人王宮を抜け出すのですが、ソンヨンの異変を感じ、町医者から病気の事を聞いたテスが、ソンヨンが部屋にいないことに気付きます。

そしてその事をイ・サンに伝え、ソンヨンは追いかけて来たテスたちに王宮に戻されてしまうのでした。

最初はソンヨンに怒りと悲しみこそ覚えたイ・サンでしたが、愛しているソンヨンの病気を治すべくありとあらゆる方法を模索していきます。

イ・サンはソンヨンの病を治せる医者を探させた

ソンヨンの病気を知ったイ・サンはソンヨンの病気を治せる医者を探させました。

国中の有能な医者が集められますが、どの医者も手遅れと言います。

そんな中でイ・サンは諦めずテスに清国に行って肝臓癌を治せる医者を見つけてくるようにと命じます。

ソンヨンはもはや自分の余命を知っていたのでしょうか、テスが清国まで行ってしまえばもう自分が生きている間にテスに会えないかもしれないということも悟っていましたし、イ・サンに叶わない望みは持たせたくないという辛い気持ちを抱えていました。

ソンヨンは最期にイ・サンの肖像画に全てを注いだ

ソンヨンは最期にイ・サンの肖像画を描くことに全てを注ぎました。

ソンヨンが最期の最期まで、自分の命が尽きようとしている中で描いている姿は涙無しでは見られません。

そして、ソンヨンはついにイ・サンの腕の中で一足先に亡くなったヒャン王子の元に行くと言って息を引き取りました。

悲しみに包まれた王宮では多くの人がソンヨンの死を悲しみました。

清国まで行ったテスも、テスに同行したソンヨンの弟のウクもソンヨンの死に目に会えず、お別れをすることになってしまいました。

イ・サンが唯一自分で選んだ側室だったソンヨン。

彼女の波瀾万丈な人生が幕を閉じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました