奇皇后のキャスト、タプジャヘ役チャ・ドジン

この記事では、「奇皇后」でタプジャヘを演じているチャ・ドジンのプロフィールや代表作、「奇皇后」での役どころをお伝えします。

スポンサーリンク

タプジャヘ役チャ・ドジンのプロフィール

チャ・ドジンは1983年生まれの俳優です。

テコンドーや合気道を得意とし、体育待生として大学に入学するほどの運動神経の持ち主。

大学では「ギョンホハク概論」という、警護についての勉強を専攻しており、一度は身体能力を活かした仕事に就こうと考えたようですが、俳優の夢を諦めることが出来ず、大学を中退し、俳優を目指しました。

デビューは2007年の映画「愛 サラン」。

2009年には、日本でもヒットした2001年の映画「友へ チング」のドラマ版「チング ~愛と友情の絆~」に出演しました。

ヒョンビン主演のドラマで日本でも人気の高いドラマの一つですよね。

また、柔道の国家代表選手を演じた2010年のドラマ「ドクターチャンプ」では、チャドジン自身が柔道の有段者であるため、その配役が話題となりました。

2013年、ドラマ「奇皇后」への出演をきっかけに日本での知名度があがった、チャ・ドジン。

悪役ながら、184cmというスタイルの良さとワイルドな風貌で、「かっこいい!」と話題になりました。

SNSでは日本の俳優、浅野忠信に似ている、とも言われています。

チャ・ドジンですが、「チャ・ドジン」という名前は芸名で、本名は「イム・ソンギュ」という名前です。

デビュー以降、「チャ・ドジン」として活動していましたが、2010年頃から本名の「イム・ソンギュ」に名前を変更して活動しています。

しかし、2020年に再度「チャ・ドジン」に戻しており、現在は「チャ・ドジン」名で活動を行っているようです。

スポンサーリンク

チャ・ドジンの奇皇后での役どころ

チャ・ドジンが演じたのは、元の丞相ヨンチョル(チョン・グクファン)の次男タプジャヘです。

皇太后(キム・ソヒョン)の財政を司る徽政院を管理しており、お金と女が大好き。

父と兄であるタンセギ(キム・ジョンヒョン)には忠実で、タファン(チ・チャンウク)がヨンチョルに対して挙兵した際には、タファンやスンニャン(ハ・ジウォン)を皆殺しするようにという父の命令を受けて、兵を率いていきます。

しかし、ペガン(キム・ヨンホ)にあっさり殺されてしまいました。

おしゃれな髪型やそのビジュアルから、悪役でありながら人気の高い役どころでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました