トッケビの第1話で話題となったウンタクの子役はハン・ソジン

スポンサーリンク

チ・ウンタク子役を演じるハン・ソジンのプロフィール

ドラマ「トッケビ」でチ・ウンタク子役を演じるハン・ソジンのプロフィールは、2008年11月1日生まれの蠍座、JCエンターテイメントに所属しており、女優として活動しています。

京畿道富川市出身のハン・ソジンは2010年2歳の頃に、キッズモデル大会で優勝しモデルデビューを果たしました。

同年に「第3回ケンキジュケンチャンフェスティバルベビー部分フォトジェニック賞」と「第1回スーパーキッズK子供モデル選抜大会ベビー部門大賞」を受賞しています。

2012年には「優しい男」でイ・ユビ演じるカンチョコの子供時代を演じ、4歳と幼いながら成人俳優とのシンクロ率が高いと話題になりました。

この時子役として参加したハン・ソジンを含めた3人の子役の演技力が高かったため、各子役に注目が集まりました。

2014年に放送されたドラマ「ずっと恋したい」ではシングルマザーであるキム・セッピョルの娘、キム・スア役として出演し、大人の顔色を窺いながらうまく立ち振る舞える鋭い感性を持ち、釜山方言を上手に使い注目を集めました。

そしてハン・ソジンの名が世間に広まったのは、2016年に大ヒットした「トッケビ」で、ウンタクの子供時代として出演したことでした。

2015年頃所属事務所を変え、現在のJCエンターテインメントに所属しましたが、2015年からはドラマ等のメディア露出が多くなり、しっかり役名が付いた人物を演じる機会が増えています。

その後も多くの作品に出演し、その演技力を披露しており、2021年から放送されたドラマ「不可殺 -永遠を生きる者-」では一人二役を演じ話題になりました。

このドラマでは、長い間死ぬことができず、600年もの間生死を繰り返している男が、その原因となった女を追うストーリーですが、主人公のミン・サンヨンと妹のミン・サンウン姉妹の子供時代を見事に演じ切りました。

演技するうえで、「表情、声、トーン、呼吸、目つきなどに気を使った」と後に語っており、監督や作家からも演技指導を受け、助けをもらったそうです。

スポンサーリンク

ハン・ソジンのトッケビでの役どころ

ハン・ソジンは、子供時代のウンタク役を演じています。

幽霊が見えてしまうという、変わった能力を持ち、シングルマザーの母親と一緒に貧しいながらにも一生懸命生きている少女を演じています。

1話からハン・ソジンの切ないシーンがあり、放送序盤でこの子役は誰なのかとネットをにぎわせていました。

ハン・ソジンの泣くシーンやけなげで応援したくなる演技は、泣かずにはいられないと多くの視聴者を感動させ、今後の成長が見逃せないと注目のポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました