トンイあらすじ第10話

オクチョンにかかる容疑

オクチョンが出頭したことで監察府から釈放されたトンイ。

しかし、オクチョンには王妃の殺害容疑がかかってしまいます。

オクチョンは監察府に乗り込む前夜、オ・テソクに面子や威信よりも自分のために働いてくれる腹心が大事だと話していたのです。

王妃の薬は半夏と他の薬剤が混ざって毒が生じましたが、内医院では半夏は使わないと御医に聞いた粛宗はソ・ヨンギに極秘調査を命じます。

取り調べの間に監察府が就善堂を捜索すると半夏が発見されましたが、半夏など知らないオクチョンは王妃の薬を細工した罪を否定します。

トンイは運んだ薬剤に半夏は入ってないと訴えますが聞いてもらえません。

そこでトンイはオクチョンの濡れ衣を晴らすために、判官だと名乗った粛宗に協力してもらおうと漢城府を訪ねるが、トンイの事は知らないと追い払われてしまいます。

トンイ1人での証拠探し

トンイは1人で医員の遺体から証拠を捜そうと捕盗庁へ潜り込むことにしました。

遺体を見つけたトンイはある液体を使用して医員が劇薬に触れてない証拠を掴みます。

部屋から出たトンイはソ・ヨンギ従事官と遭遇してしまい真実を話します。

同じ頃、チョンスは捕盗庁に検死官として潜入しトンイの居場所を探っていました。

一方、ソ・ヨンギに後を頼み捕盗庁を出ようとするトンイを何者かが襲います。

さらわれかけたところ、捕盗庁に向ってた粛宗に助けられます。

次の話↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました