トンイあらすじ第11話

トンイあらすじ11~20話
画像引用:https://www.bs-tbs.co.jp/toni/index.html

オクチョンがトンイのおかげで無実となる

粛宗に助けられたトンイは、漢城府を訪ねたことを話しますが、判官を装っている粛宗はどうにかごまかします。

トンイから遺体の証拠の話を聞き急いで捕盗庁に向うとソ・ヨンギ従事官が待ち構えており、医員の遺体を再び使い半夏に触れていないことを証明します。

オクチョンはトンイのおかげで無実となりました。

トンイの才能を見抜いたオクチョン

トンイを官女としてそばに置きたいと思い、奴婢にしておくのはもったいないと粛宗に頼みます。

しかし、チャン・ヒジェ(オクチョンの兄)は妹オクチョンと似ているトンイに翼を与えることになると反対します。

チョンスとチャン・ヒジェが出会う

一方、チョンスがヨンダルの家に間借りすることになりました。

都に戻ったチャン・ヒジェ(オクチョン兄)が人妻を寝取って追われ逃げ込んだのが縁で顔見知りとなります。

トンイが官女に抜擢される

翌日、粛宗と街に使いに出てたトンイが遭遇。

トンイは粛宗に王の代理で事件を解決した褒美を与えると言われます。

そこにヨンダルとジュシクも現れ一緒にお酒を飲むことになります。

粛宗はトンイとの出会いで普通の人のように過ごせたことをうれしく思います。

そこでトンイに違う人生を歩みたいかと訊ねると、奴婢ではなく仕事に就ける者になりたいと答えを聞いて、才知をいかすべく官女の道を開こうと考えます。

翌日、掌楽院にトンイ宛の任命書が届き監察官女の命じるという異例の内容に大騒ぎになるのだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました