【トンイのキャスト】トンイ役ハン・ヒョジュ

韓国時代劇トンイで主人公のトンイ役を演じたハン・ヒョジュについて解説します。

明るく天真爛漫、時にシリアスで、時には強い女性を熱演。

トンイの大ヒットはハン・ヒョジュの演技あってこそ。

そんなハン・ヒョジュを紹介します。

ハン・ヒョジュのトンイでの役柄

トンイでの役柄は奴婢の身分から女官を経て側室へ(淑嬪/スクピン)。

さらには王(英祖/ヨンジョ)の母へと昇り詰める実在の人物を演じました。

ハン・ヒョジュはこのトンイでの演技で

  • 2010年 第5回ソウルドラマアワーズ 韓流部門主演女優賞
  • 2010年 第5回コリアドラマフェスティバル 女性主演演技賞
  • 2010年 MBC演技大賞 大賞/女性人気賞
  • 2011年 第47回百想芸術大賞 テレビ部門最優秀演技賞
  • 2011年 香港有線人気ドラマ授賞式 女性主人公賞

などの受賞をしています。

ハン・ヒョジュのプロフィール

1987年2月22日/170cm/A型

主な出演作は、春のワルツ/空くらい地くらい/イルジメ/華麗なる遺産/W-二つの世界-など。

春のワルツで当時まだ無名の新人でしたが、異例の大抜擢で主演を務めます。

その撮影中には自分の演技に自信が持てなくなり、カメラを怖がることもあったそう。

明るい演技の裏では苦労もしてるんですね~

以上、トンイのキャスト紹介ハン・ヒョジュについてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました