【トンイのキャスト】粛宗(スクチョン)役チ・ジニ

韓国時代劇トンイの王様の粛宗(スクチョン)役のキャスト、チ・ジニについて解説します。

いまや日本でもすっかりおなじみとなったチ・ジニですが、韓国でも複数のテレビCMに出演するなど時代劇以外でも大活躍なんです。

チ・ジニのプロフィール

1971年6月24日/178cm/B型

主な出演作:四姉妹物語/ジュリエットの男/ラブレター/宮廷女官チャングムの誓い/ソナギ「~雨上がりの殺意~」/春の日/温かい一言/ブラッドなど。

既婚者でお相手は俳優デビュー前から付き合っていた一般女性だそうです。

俳優デビュー前はデザイナーやアシスタントカメラマンとして働いていたとのことなのでそのころからのお付き合いでしょうか。

日本ではトンイよりも先にチャングムの誓いで有名になりましたね。

韓国でリメイクされた「結婚できない男」にも出演していました。

2008年・2009年には日本でファンミーティングが開催されています。

チ・ジニのトンイでの役柄

ドラマのトンイでチ・ジニが演じた粛宗(スクチョン)の役柄について解説します。

朝鮮王朝の第19代王の粛宗(スクチョン)を演じました。

ドラマ中では「王様」と呼ばれていたので粛宗(スクチョン)という名はなじみが薄いですね。

この粛宗(スクチョン)は歴史的には恋多き王だったとの記録が残っていて、これをテーマにした時代劇もあったほど。

朝鮮王朝の中では在位期間が2番目に長い45年10か月。

長きにわたって王座を維持した名君でした。

ちなみに最も在位期間の長い王はこのスクチョンとトンイの間に生まれた息子の英祖(ヨンジョ)なんです。

ドラマのトンイではヨニングンとして登場していますね。

以上、粛宗(スクチョン)役のキャスト、チ・ジニについての解説でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました