【トンイのキャスト】オクチョン役イ・ソヨン

韓国歴史ドラマのトンイでチャン・オクチョン役のキャストのイ・ソヨンについて解説します。

イ・ソヨンのプロフィール

1982年4月16日/169cm/A型

主な出演作:春のワルツ/天使の誘惑/Dr.Jin/ルビーの指輪など

演劇学校に通って勉強している最中にデビュー作となる映画「スキャンダル」の出演が決まったため、学校は中退したとのこと。

2015年9月に、2歳年下のベンチャー起業家と結婚しています。

トンイでの役柄

イ・ソヨンはトンイのライバルであるオクチョンを演じています。

かつてはトンイのあこがれのお姉さんだったのですが。

このオクチョンとは「韓国3大悪女」の一人とされるチャン・オクチョンのことで、「チャン禧嬪(ヒビン)」とも呼ばれる実在した人物です。

禧嬪(ヒビン)とは側室としての官位の呼び方です。

一時は王妃となり、世継ぎを生んでいるが、悪事がばれて処刑されるという波乱万丈の人生でした。

「チャン・オクチョン」という名の別の時代劇もあり、複数回にわたって描かれています。

チャン・オクチョンが主人公の場合はトンイ(スクピンチェシ)が悪者っぽい描かれ方になるんですね。

韓国の歴史上唯一、中人から王妃に上り詰めた女性。

その美貌によって粛宗に見初められた、というのでかなりの美人だったんでしょうね。

以上、トンイのキャスト、オクチョン役のイ・ソヨンの解説でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました