トンイのあらすじ第14話

トンイとチョンスついに再会

チョンスを捜しに行ったトンイですが、捕盗庁にチョンスの姿はありませんでした。

その夜、チャン・ヒジェ(オクチョン兄)の銃の密輸を手伝ったチョンスは帰宅してヨンダルから「トンイ」という名前を聞いて驚愕します。

腕っぷしも強く口の堅いチョンスの事を高く評価しているヒジェ。

トンイがチョンスを訊ねてきたと知ったヒジェは2人を近づけないためにトンイの始末を命令します。

しかし、ならず者に襲われそうになったトンイをチョンスが救出して再会します。

涙の再会を果たすトンイとチョンス。

再会できたことをヨンダルとファン主簿も喜びます。

チョンスはトンイをずっと守り続けることを約束します。

清国の使臣団をトンイ達が密輸の潜入捜査をする

その頃、朝鮮に到着した清国の使臣団一行。

密輸事件の重要人物「キム・ユンダル」を捕まえるために内部を潜状捜査をするよう粛宗が命じます。

使臣を接待する慕華館(モファグン)に監察宮女のトンイ達が儀典宮女として潜入することになりました。

チョンスがオ・テソクと会う

一方、武科を受けて禁軍(クムグン)になりたいとヒジェに話すチョンス。

トンイという宮女を知っているかと聞かれシラを切ります。

その夜、ヒジェはチョンスにキム・ユンダルの護衛をさせてオ・テソクと引き合わせました。

トンイが暗号の紙を見つける

捜査で細長い紙に書いてある文字の存在に気付くが、オ・テソクらの妨害によって慕華館に監察宮女が潜入していたことが清国使臣にバレてしまい追い出されてしまいます。

使臣の部屋で見つけた細長い紙が忘れならないトンイはあの文字が暗号だとチョンスに教えてもらいます。

慕華館で粛宗の正体を知るトンイ

今度は奴婢のふりをして再潜入をするも見つかってしまい逃げ出すトンイ。

そこへ偶然、粛宗に会ったトンイは助けを求めますが王であることを知ることになります。

次の話↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました