トンイのあらすじ第17話

トンイあらすじ11~20話
画像引用:https://www.bs-tbs.co.jp/toni/index.html

オクチョンが側室となり禧嬪(ヒビン)になる

側室にすると任命書を下した粛宗にオクチョンは感涙。

懐妊していることを粛宗に打ち明けます。

大反対の大妃も粛宗の子を懐妊したオクチョンが側室となることは

確かな大義名分であるが故に受け入れるしかありません。

尚宮だったオクチョンが側室となって1年過ぎ、王子を産み禧嬪(ヒビン)の称号を与えられます。

チャン・ヒジェ(オクチョン兄)は右捕庁(ウポチョン)従事官に昇進します。

一方、朝廷では王子が誕生したことで元子に冊封した南人派と反対する西人派で争っていました。

大妃は寝込みながらも新しい側室を望み、元子冊封に大反対です。

大妃が危篤

その頃、大妃の湯薬が疑わしいとう投書が王妃のもとに届きました。

オクチョンに内密に調査をするようチョン尚宮に依頼します。

就善堂が黒幕ではないかと話すチョン尚宮にトンイは否定します。

ジョンイムとトンイと一緒に調査するものの怪しい点はありませんでした。

そんな折、大妃の容態が急変し危篤状態になります。

そこでトンイは薬に詳しいチョンスに協力を仰ぐことします。

画像引用:https://www.bs-tbs.co.jp/toni/index.html

すると、鳥頭(トリカブト)と相性が悪く、鳥頭には白朮附子湯(ペクチュルプジャタン)に入ってる事がわかりました。

就善堂の女官部屋に白朮附子湯の処方があったのを思い出したトンイはさらに調査を続けます。

そこで浮かび上がる怪しい人物、オクチョンの内人であるヨンソンでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました