善徳女王あらすじ13話「ミシルの力の源とは」

トンマン、チョンミョン、ユシン3人の誓い

暗殺未遂事件の容疑が晴れて釈放されたトンマン。

尼僧としてではなく王女としてのチョンミョンと初めての対面。

この場にはユシンもいて3人での面会となりました。

チョンミョンはユシン、トンマンに「ミシルに奪われた王権を取り戻したい」と話し、3人で必ず成し遂げようと誓いを立てます。

チンピョン王からミシルの力の源を探せといわれる

チョンミョンはチンピョン王にトンマンやユシンが心強い仲間になったことを話します。

それを聞いたチンピョン王はチョンミョンに「ミシルの力の源を探れ」と命令を出します。

そもそもミシルがなぜこれほどまで強い権力を持つことができるのか、その力の源を探し出せば対抗する手段もわかるはず。

ミシルと戦うためにはとても重要な任務です。

これはかつてムンノにひそかに命じていたことでした。

そこで3人はムンノの残した記録を読み返すことから始めます。

ミシルが権力を持つきっかけとなったのは、かつて新羅がひどい日照りに悩まされていた時期にミシルが雨ごいをして見事雨を降らせたことがある。

それがきっかけで祭儀を任されるようになり、権力を手にするきっかけにもなったのです。

その中で「サダハムの梅」という言葉を見つけます。

まずはサダハムの梅の正体を突き止めることになります。

サダハムとはかつて花郎として活躍した人物でミシルの初恋の人であること、サダハムの梅とはサダハムが死の間際に残してくれたもの、ということが判明します。

サダハムの梅が運ばれてくる

ミシルは随(中国)の商団がサダハムの梅を運んでくるとの知らせが届き、喜びます。

画像引用:http://www.bsfuji.tv/seondeok/story/13.html

サダハムの梅に関してはミシルと弟のミセンだけで情報を独占しています。

ソルォンや夫のセジョンですら知りません。

ソルォンは自分が蚊帳の外にされている状況に危機感を覚え、ポジョンにミセンの監視をさせます。

そして、ミセンの息子のテナムボが新たにミシルの手下になることを知るのです。

ミシルはテナムボに「ポジョンを超えなさい」と話します。

これでは自分たちは本当に捨てられる、と危機感を強めるポジョンでした。

商団の中にチルスクの姿がある

トンマン達はサダハムの梅が運ばれてくる情報をつかみ、潜入しようとします。

うまく商団を出迎える料理係に潜り込みます。

ついに商団が到着する時が来ますが、その中に砂漠で行方不明になったチルスクの姿がありました。

以上、善徳女王のあらすじ第13話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました