韓国語のオッパの使い方

韓国語のオッパの使い方の注意。ただの「お兄さん」ではない

韓国ドラマや K-POPが好きな人は「オッパ」という言葉を聞く機会が多いでしょう。

オッパは男性が女性から言われると嬉しい言葉としてよく知られています。

ただし、オッパには使い方に気をつけなければならないことがあります。

ただ訳としての意味を知っていればいい、という言葉ではありません。

この記事ではオッパの使い方の注意と意味を解説します

オッパの意味は「お兄さん」

オッパの意味は「お兄さん」です。

ハングルではこう書きます→오빠

ここからはオッパの使い方の注意点を解説します。

オッパは女性からみた年上の男性に使う言葉

オッパは女性から見た年上の男性に対する言葉です。

本来であれば実のきょうだいに対して使う言葉です。

しかし、実のきょうだいではなくても親しい年上の男性のこともオッパといいます。

KーPOPファンの人たちは年上の男性アイドルをオッパと呼んでいますね。

このように実際のお兄さんではなくても親しい年上の男性をオッパと呼びます。

年上に対してしか使わない

日本語では「お兄さん」って相手がある程度の歳であれば使いますね。

例えば中年のおじさんが20代くらいの男性に対しても「お兄さん」って言ったりします。

しかし、韓国語のオッパは本当に年上でないと使いません。

これには韓国に根付いている儒教の教えが影響しています。

儒教の教えでは1歳でも年上であれば目上の人として敬います。

オッパには尊敬の意味が込められています。

尊称ということですね。

なので、年下に対して尊称であるオッパを使うのは間違っているのです。

ここまでをまとめると、オッパは年下の女性が年上の男性に対して使う言葉です。

「彼氏」としても使うし、友達以上恋人未満でも使う

近年では彼氏のこともオッパと呼びます。

この場合、オッパは年上に対して使う言葉なので、彼女の方が年下で彼氏が年上という場合にのみカップルでも使います。

名前にオッパをつけて「○○オッパ」と呼ぶことも多いです。

なので付き合ってもないのにオッパと呼んでもいいのか、と疑問を持つかもしれません。

このオッパの使い方として注意をしたいのが例えば友達以上恋人未満のようにただ親しいだけの間柄でもオッパと呼ぶこともあります。

そもそも好意を持っていなくても年上の男性に対する尊称としてオッパと呼んでいるということもあるので、必ずしもオッパと呼んでいるからといって恋人同士ではないということは注意が必要です。

例えば近所のお兄ちゃんでも「オッパ」です。

女性同士の場合は自分の好きな男性を他の女性がオッパと呼んでいた場合、面白くないですよね。

どういう関係なのよ?みたいな感じで。

このように馴れ馴れしくオッパなんて呼ばないで!ということもあります。

オッパと呼んでいるからと言っても必ずしも親しい間柄とは限りませんが、少なくとも他の男性とは違う存在という微妙なニュアンスがあります。

男性からすれば年下の女性からオッパと呼ばれるということは特別扱いされている、という事にもなりますし、甘えられてるなぁという感じがします。

なので韓国人男性は年下の女性からオッパと呼ばれると嬉しいのです 。

オッパは「旦那」ではない

近年では日本の芸能人が韓国人男性と結婚することも増えていますね。

そして、テレビなどで自分の旦那さんをオッパと呼んでいるタレントもいます。

しかし、本来の意味からすると旦那さんに対して「オッパ」は好ましい呼び方ではありません。

ここでもまた儒教の教えが出てくるんですけど、夫婦の場合は男性のほうが目上なのです。

(この辺は男女平等が叫ばれる近年の常識とはかけ離れますが)

オッパには親しげなニュアンスもあるので「旦那さんをオッパなんて呼ぶことは恐れ多い」ってなります。

なので、旦那さんをオッパなんて呼んだらおじいちゃん・おばあちゃんから怒られてしまいます。

親し気なニュアンスもあるので初対面の人には使わない

オッパには先ほど述べた通り、親しい年上の男性に対して使う言葉なので初対面の相手や歳がうんと離れて目上の人に対してはオッパと言うと馴れ馴れしいと受け取られることもあります。

KーPOPアイドルに対しては特に注意をする必要もなくオッパと呼んでも構いませんが、実際の社会で出会う年上の男性に対しては年上だからといっていきなりオッパと呼ぶのはやめましょう。

オッパの使い方まとめ

まとめるとオッパは

  • 意味は「お兄さん」
  • 女性が年上の男性に対して使う言葉
  • 日本語の「お兄さん」とは違い、本当に年上にしか使わない
  • 彼氏に対しても使うが、交際していなくても使う
  • 旦那さんをオッパは不謹慎
  • 初対面や目上相手には失礼になることもある

以上、オッパの使い方と注意点を解説しました。

ちなみに同じく「お兄さん」と訳されるヒョンなのですが、これは男性から見たお兄さんの場合に使う言葉です。

なので、もしあなたが女性であればヒョンという言葉を使う機会はほとんどありません。

こちらも注意点として覚えておいてほしいです。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました