トンイの父が首長の剣契(コムゲ)とはどんな組織?

トンイの父が逮捕される トンイ
トンイの父が逮捕される

剣契(コムゲ)とはどんな組織?

トンイの父が首長を務める剣契コムゲは実在していたんです。

「契」とは朝鮮社会独特の集団を表す言葉で、同じ目的を持つ人々が集まり共に利益を得るため活動していました。

ドラマ内では現在で言うところの秘密結社のような描かれ方をしていますが、存在自体は公認されたものでした。

朝鮮王朝時代後期には社会の各階層や分野で様々な「〇契」が作られ、人々の心の拠り所のような存在になっていました。

そうした中で剣契も誕生。

ドラマに描かれるように不平等社会に立ち向かった民衆の集団という世直し集団みたいな感じだったんですね。

剣契の首長がトンイの父だったことはフィクション

剣契の存在自体は事実ですが、首長がトンイの父だったことはフィクションです。

トンイは賤民の出身なので側室に選ばれる以前の記録はほとんど残っておらず、両親に関しても名前くらいしか分かっていないんですよね。

と、言うわけで「父が剣契の首長だった」はフィクション、兄も剣契・チョンスさんも剣契だったというのもフィクションなんです。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が気に入っていただけたらSNSでの拡散やフォローをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました