花郎ハンソンの死因。優しすぎる最後に泣けてくる

ハンソンの死因は刀に塗られた毒

ハンソンは、兄のタンセが持っていた猛毒が塗られていた刀を握り、その毒によって死んでしまいます。

毒によって苦しみ、タンセとソヌが見守る中、息を引き取りました。

タンセは自分がハンソンを殺してしまったと自責の念に駆られ、倉庫の中で手首を切って自害しようと試みますが、「死ぬんじゃない」と言いながら入ってきたソヌから、ハンソンが祖父あてに書いた手紙を渡されます。

その手紙には

「これからは、自分の罰は自分が受ける。兄さんは悪くない。僕が誰よりも信頼できるのは兄です」

と書かれていました。

ハンソンの決意と優しさが詰め込まれた言葉の数々に号泣しながらも思いとどまります。

ハンソンというかけがえのない仲間の突然の死に花郎達が悲しみに暮れる場面も、こみ上げてくるものがあります。。。

ハンソンは命がけでソヌを守った

ハンソンの兄タンセは、祖父であるソクヒョンジェの命令で、ソヌの命を狙っていたのです。

もしも失敗したら、ハンソンと一緒に死ぬと脅され、猛毒が塗られた刀を手に、ソヌに戦いを申し込みます。

ハンソンは、祖父から兄のタンセ宛ての手紙に「必ず殺せ」と書かれてあるのを見てソヌが危ないと勘付き、ソヌを庇う形で、刺されてしまうのです。

ハンソンは普段からソヌを慕っていました。

なぜソヌはそんなにかっこいいのか、自分もソヌのようになりたい、等と発言する場面があることからも、ソヌに対する尊敬が伝わってきます。

大好きな兄が、自分の憧れの人を殺そうとしている。。

想像するだけでも悲しいです。。。

ちなみに、ハンソンが死んでしまうシーンは、オリジナル版18話、動画配信版では22話に収録されています。

配信版はこちらがおすすめですよ~

U-NEXT

ハンソンは、死ぬ時まで人を思いやる優しい性格だった

ソヌを庇って死ぬ直前、祖父の言うことばかりを聞くのではなく自分の意思で考え、兄のようになりたいと語っていたハンソン。

自分が刺された後でさえ、兄のタンセには、「兄さん、どういうことだ。なぜこんなことをするんだ。おじいさんがくれた薬、なぜここに塗った?兄さんは良い兄じゃない。」と悲しそうに訴える一方で、ソヌには「うちの兄のことを許してやってほしい、嫌わないで」とお願いするハンソンの心優しい姿に涙が止まりません。

ソヌも、ハンソンの遺言を守り「確かめたいかもしれないから言っておくが、お前は今でも俺の郎徒だ。」とタンセを許しました。

以上、花郎のハンソンの死因について解説しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました