花郎のテテが死んだ原因は毒と多忙さだった?

テテが花郎で死んだ原因は、「ソヌを庇い、兄に殺された」

ソク家に生まれた、テテ演じるソク・ハンソンには、キム・ヒョンジュン演じる兄のソク・タンセがいます。

タンセは父と使用人の間に生まれたため、身分が低く、祖父のソク・ヒョンジェからの差別を受けていました。

ソヌを王だと思い込んでいた反太后派の長は、ヒョンジェにソヌの殺害を命じます。

ヒョンジェは、タンセに毒を渡し、必ずソヌを殺すようにと命じました。

祖父から兄あてに届いた手紙を読んだハンソンは、この殺害計画を知ります。

タンセは猛毒を塗った刀を手に、ソヌに対戦を申しこみ刀がソヌを刺そうとしたところで、ハンソンが手で刀を受け止めます。

猛毒が塗られていた刀を握り、その猛毒が一気にハンソンの身体をまわり苦しみながらも「兄を嫌いにならないで」と言い残してタンセとソヌが見守る中、息を引き取りました。

その後、タンセは自分がハンソンを殺してしまったと自責の念に駆られ、倉庫の中で手首を切って自害しようと試みますが、「死ぬんじゃない」と言いながら入ってきたソヌから、ハンソンが祖父あてに書いた手紙を渡されます。

その手紙には「これからは、自分の罰は自分が受ける。兄さんは悪くない。僕が誰よりも信頼できるのは兄です」と書かれていました。

ハンソンの決意と優しさ、兄タンセへの思いやりが詰め込まれた言葉の数々に号泣しながらも思いとどまります。

花郎では、テテが死んだ原因や事実が悲しすぎると話題になった

もともと、天真爛漫で誰からも愛されるキャラクターだったテテ演じるハンソンが、突然すぎる形で死んでしまったことに悲しむ声が多く見られました。

誰よりも信用できると思っていた兄が持っていた猛毒が塗られた刀で死んでしまった状況や、死ぬ直前の、臆病者の自分でもこれからは、自分で道を切り開いていこうと決意した場面、刺されて猛毒が回っている状態でも兄を想うやさしさも相まって、悲しすぎると話題になりました。

多くのドラマでは、キスシーンが話題になりますがこの花郎では、ハンソンの最後のシーンの方が多く関心を集めていた様です。

テテが花郎で死んだのは、スケジュールが理由だった

実は、テテが花郎で死んだのは、テテの多忙なスケジュールも関係していたといわれています。

テテのスケジュール的に、打ち合わせの段階で全話出演は難しいと判断され、最後は死ぬというストーリーになったようです。

世界的アーティストで、コンサートや練習、テレビ出演等と想像もつかないくらい、かなり多忙なスケジュールを送っているBTSのメンバーですから、この理由があっても納得がいきますよね。

テテのスケジュール的にハンソンが死ぬシーンが決まっていたとしても、この死亡シーンは見事な伏線回収と話の構成で、花郎の中でもかなり濃い内容となっていたのではないでしょうか。

花郎のテテが死んだ原因は毒と多忙さだった?をお伝えしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました