太王四神記のカクタンは9頭身・黄金比率の美女モデルだった

太王四神記

太王四神記でタムドクを守る女隊長!カクタン

ヨン様演じるタムドクを守る近衛隊第三隊で、女性だけの部隊隊長の任務についていたのはカクタンという女戦士です。

カクタンはヤン王の命令に従い、タムドクを守りながらも、恋心も抱く女性らしい一面もある女隊長です。

カクタンは残念なことに第9話で戦いの中、タムドクにヤン王の遺言を残し、息を引き取ります。

そんな女隊長を演じたのは女優イ・ダヒです。

175㎝という高身長とクールなルックスで、新人ながらに圧倒的な存在感と演技力で賞賛を浴びました。

モデル大会がきっかけで芸能界へ。イ・ダヒの軌跡。

イ・ダヒは2002年のスーパーモデル選抜大会に出場し、「美しい国」賞を受賞して芸能界入りし、2003年にドラマ「千年の愛」でデビューし、女優として歩み始めました。

モデルの選抜大会からのデビューとあって、175㎝の高身長・9頭身という黄金比率と言われる最高のプロポーションを兼ね備えています。

その後、「ロマンスが必要」、「秘密」、「君の声が聞こえる」、「推理の女王2」、「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside」など、数々のドラマに出演し注目を集めています。

一方で、バラエティ番組にも出演し、可愛らしくコミカルな一面も見せる女優イ・ダヒに視聴者からの人気は高まり、女優だけではない新しい一面を見せたイ・ダヒはさらに注目を浴びます。

太王四神記で視聴者の心をつかんだイ・ダヒ

瀕死状態のカクタンがタムドクにヤン王の遺言を伝えるという部分の演技が、視聴者に強い印象を与えました。

このことから、イ・ダヒの人気が急上昇し、短い期間と少ない出演回数ではありましたが、もっと活躍を見たかったと惜しまれたほどです。

彼女はこのドラマのために1年半以上努力を積み重ね、撮影に臨んでいました。

この視聴者の声でその努力した甲斐もあったのではないでしょうか。

女隊長を演じる陰にあった努力家 イ・ダヒ

太王四神記といえば、剣やワイヤーを使った過酷な戦闘シーンが多くあります。

そんな中、イ・ダヒはカクタンを全うするため、難易度の高いアクションシーンの練習を積み重ねます。

それは全身にアザができるほどの練習で、周りの男性たちに劣らないように戦闘シーンをこなすための血のにじむような努力でした。

女性だとどうしても体力的には不利になるはずですが、すごいですよね。

きっと、イ・ダヒは今日も努力を積み重ね、自分磨きを続けているのでしょう。

努力は必ず報われるという言葉は彼女にぴったりですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました