トンイあらすじ第30話

ヒジェの無実を訴えるオクチョン

粛宗たちの罠にはまったヒジェ(オクチョン兄)は内禁衛に捕らわれます。

ソ・ヨンギが尋問するも自白しません。

ヒジェが捕縛されたと知った王妃(オクチョン)は粛宗を訪ね、監察府の宮女の言葉だけを信じて兄を捕らえるのか、兄は無実だと訴え詰め寄ります。

しかし、トンイを信じていた粛宗は「今からでも真実を話せば罪は伏せることはできないが余の心は王妃を許せる」と話します。

それでも最後まで自分とヒジェは無実だと言い張ります。

王妃がトンイ暗殺を企てるも失敗する

すでに粛宗の心が離れていることを悟った王妃。

王妃は自分を殺害しようとした容疑で捕らえていた監察府のチョン尚宮たちを解放させます。

さらに南人派の重臣たちにトンイの証言は信用性がなく調査が必要なのでトンイを差し出すよう要求させます。

実は王妃がチョン尚宮たちを急に解放したのはトンイを調査する理由を作るためだったのです。

南人派が別邸にいるトンイの殺害を企てます。

刺客に襲わせますがトンイは廃妃ミン氏を訪ねており不在でした。

危険を犯してまで無実を証明しようとしてくれるトンイに廃妃ミン氏は深く感謝します。

トンイがスンウン尚宮に任命される

騒ぎを知り自ら出向こうとするトンイを内禁衛将ソ・ヨンギが止めます。

宮殿に行かせてくれるよう願い出るトンイを守るために粛宗はトンイに承恩尚宮(スンウン・サングン→正式な側室ではないが王の寵愛を受ける女性)にする命を下すのでした。

次の話↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました