トンイの年齢設定。禧嬪は粛宗より年上だった

トンイと粛宗は9歳差だったがトンイの方が先に亡くなった

  • 粛宗は1661年生まれ
  • トンイは1670年生まれ

トンイは1670年生まれで、粛宗は1661年生まれだったため、年齢は9歳も離れていましたが、トンイの方が1718年に48歳の若さで粛宗よりも先に亡くなります。

その2年後の1720年に粛宗は59歳で亡くなりました。

13歳で王位についた粛宗は46年という長い間、王として朝鮮王朝を統治していたのですね。

トンイを演じたハン・ヒョジュは当時の実年齢が23歳でしたが、23歳とは思えないほど凜とした演技でクムの母親役を立派に演じていましたね。

クムとは本当の母子を思わせる演技でとても印象的でした。

実は粛宗や仁顕王妃よりも禧嬪のほうが年上だった

  • 禧嬪は1659年生まれ
  • 仁顕王妃は1667年生まれ

禧嬪は粛宗や二番目の王妃である仁顕王妃よりも年上でした。

禧嬪は1659年生まれのため、粛宗より2歳年上です。

仁顕王妃は1667年生まれだったため、禧嬪の方が8歳も年上でした。

ちなみに仁顕王妃は1701年に34歳という若さで病気のため亡くなりました。

歳が近いトンイは仁顕王妃にとって妹のような可愛い存在だったのでしょうね。

ちなみに禧嬪は同年1701年42歳で、粛宗からの賜薬により処刑されました。

粛宗の最初の王妃である仁敬王妃は19歳の若さで亡くなっていた

粛宗が最初に迎えた王妃である仁敬王妃は19歳の若さで病気のため亡くなりました。

粛宗と同じ1661年生まれなので同い年ですね。

仁敬王妃は1674年に粛宗が即位するとともに王妃になりました。

あまりにも早く訪れた仁敬王妃の死に粛宗の悲しみは計り知れません。

こうして比べてみると仁敬王妃は19歳、仁顕王妃は34歳、トンイは48歳で亡くなっていることから、当時の女性は短命であったといえるのではないでしょうか。

粛宗と英祖は歴代王の中でもかなり長生きだった

朝鮮王朝時代の王は27名でしたが、短命であった王が多かったため平均寿命は約46歳でした。

王としてこなさなければならない責務が非常に多く、激務と呼ばれる日々が毎日続いたため、病気になってしまう王も少なくありませんでした。

ちなみに粛宗が亡くなったあと、禧嬪との息子である景宗が第20代王となりましたが、1724年に36歳の若さで亡くなりました。

王であったのはわずか4年でした。

景宗には世継ぎがいなかったため、トンイと粛宗の息子であるクムが第21代王・英祖として即位しました。

英祖はなんと82歳まで生きました。

王の中では一番長生きで、最長の在位期間の王となりました。

若くして亡くなった母であるトンイの分までたくましく、長く生を全うしたように感じますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました