キム秘書はいったい、なぜ?キャストの子役たち

主人公のイ・ヨンジュンの少年時代を演じたのはムン・ウジン

主人公であるイ・ヨンジュンの少年時代を演じたのは当時9歳だったムン・ウジンです。

2015年にCMデビューし、2016年から子役俳優としてデビューしました。

キッズモデルの経験もあるムン・ウジンは子役としてデビューして以来、数々のドラマに出演し、演技力の高さから様々なイケメン俳優の少年時代を演じている有名子役でもあります。

まるで天使のような笑顔に釘付けになった視聴者も多いのではないでしょうか。

ドラマでは誘拐されてしまったミソを必死になだめ、怖い思いをさせないように必死にかばうなどの健気な演技がとても印象的でした。

今は大人のイケメン俳優たちの少年時代を演じていますが、大人に成長したムン・ウジン本人がイケメン俳優となって活躍する日が来るのかと思うととても楽しみですね。

ヒロインのキム・ミソの少女時代を演じたのはキム・ジユ

キム・ミソの少女時代を演じたのはキム・ジユです。ぱっつん前髪にくりっとした目で笑顔が可愛らしい

キム・ジユは当時6歳でした。

たどたどしい喋り方が愛らしく、見ていてとても微笑ましい印象でした。

号泣するシーンでは、見ている側がもらい泣きしてしまいそうになるほど、高い演技力を見せてくれましたね。

イ・ヨンジュンの名前が思い出せなくて、必死に思い出そうとしている表情が愛らしすぎてもはや言葉が出ませんでした。

大人になったときには、美人女優になっていること間違い無しではないでしょうか。

イ・ヨンジュンの兄であるイ・ソンヨンの少年時代を演じたのはペ・ガンユ

主人公であるイ・ヨンジュンの兄のイ・ソンヨンの少年時代を演じたのは当時11歳のペ・ガンユです。

出演は少なかったですが、弟に意地悪をする兄という嫌な役柄を見事に演じていました。

ペ・ガンユもムン・ウジンと同じく、イケメン俳優の少年時代を演じることが多い子役です。

2013年7歳の時になんとオーディションで400倍の倍率を勝ち抜いたキッズモデルとしてデビューしており、多くの受賞歴を持っています。

2018年のドラマ「ボイス~112の奇跡2,3」では、日本人役を演じ、サイコパスの幼少期という心に闇を抱えた子役を見事に演じました。

「キム秘書はいったい、なぜ?」でもトラウマを抱えてパニックになるという役柄を見事に演じていましたね。これらの難しい役柄を演じたことにより一躍注目の的になったペ・ガンユです。

彼もまたこれからの活躍が楽しみな俳優の一人ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました