トンイあらすじ第31話

トンイが承恩尚宮(スンウンサングン)になる

粛宗はトンイを特別に尚宮の地位を与えると重臣たちに宣言します。

その地位によって重臣たちがトンイに手出しできなくするためです。

トンイは粛宗の用意した小礼服で宮殿に入るが、尚宮様と皆が頭を下げるのを怪訝に思います。

事態を飲み込めていないトンイにお付きの女官から承恩尚宮スンウンサングンになられたのですと聞かせれます。

承恩尚宮スンウンサングンとは王から寵愛を受けている特別な尚宮のこと)

参考記事:トンイが任命された承恩尚宮(スンウンサングン)とは

そこへ粛宗がやってきて、気持ちを込めた指輪を渡し側にいて思いを受け入れて欲しいと告げるのでした。

もちろんトンイも同じように粛宗に心を寄せていましたが、 剣契(コムゲ)の首領の娘ということを隠したまま受け入れることを悩んでいました。

チョン尚宮は、自分の力で身分を超えたのだから自身を持てと励まし、廃妃ミン氏も西人派にトンイの後ろ盾を頼み応援します。

トンイの過去を暴こうとする動き

一方、朝廷では南人派がトンイは罪人で宮女の資格がないと反対します。

オ・テソクの甥のオ・ユンは監察府最高尚宮のユ尚宮にトンイの過去を調べるよう命じます。

王妃(オクチョン)は粛宗にトンイを引きずり下ろそうとしている重臣たちを押さえつけるので兄のヒジェを解放するよう取引を申し出ます。

絶壁に向かうトンイ、後を追う粛宗

トンイが小礼服を脱いで宮殿から姿を消しました。

父と兄の命日で、二人が亡くなった絶壁に向うのでした。

トンイの気持ちを知っているチョンスは、粛宗にトンイへの気持ちは本気かと尋ねます。

兄として聞いてるのか男として聞いてるのか粛宗に聞かれ「兄として」と答えるチョンス。

もしトンイが自分の罪でない過ちを気にしてたらどうかと聞きます。

粛宗のトンイへの思いを知ったチョンスはトンイの居場所を教えます。

その頃、粛宗に対する気持ちを隠し切れないトンイは粛宗の側にいようと決心するのでした。

次の話↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました