大君(テグン)と君(クン)の違いとは

大君(テグン)と君(クン)の違いとは

韓国時代劇を見ていると「大君(テグン)」と呼ばれる王子と「君(クン)」と呼ばれる王子が出ますね。

この大君(テグン)と君(クン)の違いとはいったい何なのかをこのページで解説します。

大君(テグン)は正室の子、君(クン)は側室の子

大君(テグン)は正室の子、君(クン)は側室の子ということです。

例えばトンイの場合はトンイの子である延礽君ヨニングンが後の王となりますが、トンイは側室だったので称号は君です。

このように王子とはいえ母親の身分によって称号から差別を受けていたんですね。

朝鮮王朝の身分制度の厳しさがうかがえる制度の一つと言えます。

女性の場合は公主、翁主

ここまでの説明は男性だった場合です。

では、子供が女性だった場合はどうなのでしょうか?

正室の子は公主(コンジュ)、側室の子は翁主(オンジュ)となります。

まとめの一覧表

正室大君公主
側室翁主

以上、大君(テグン)と君(クン)の違いとは、をお伝えしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました